部会報告(子ども部会)
部会報告(子ども部会)
   
 
「障害者自立支援法から障害者総合支援法へ〜経過とこれから〜」の学習会報告

photo7月7日「障害者自立支援法から障害者総合支援法へ〜経過とこれから〜」の学習会(講師:石毛えいこさん)を開催しました。
障がい者のおかれている状況を知る活動として、廃止といわれた自立支援法からどういう経過で総合支援法がつくられたのかを、石毛さんに話して頂きました。

当日は地域で障がい者の支援をしている方、当事者の方、地域生活支援センターの職員の方など26名の参加がありました。

石毛さんは「今回の学習法は障がい者の権利条約を国際批准に向けて国内の法整備をすすめるために障がい者総合(福祉)法制定に向けて8月に答申を出しました。しかし厚労省の出した見直し案が不十分で、若干の修正をしました。残された課題については、3年後の見直しに向けて検討規定となりました。」と話しました。


photo参加者からは「サプライ側からでなく当事者、市民側から社会を作っていくという意見に同感した。」「新法の特徴である地域を意識することができた」などの感想をいただきました。

生活者ネットワークは、これからも国政の状況を踏まえて障がい者に関する制度のゆくえをタイムリーに発信します。また、当事者や障がい者の支援者だけでなく障がいの種別をこえて、市民が議論をつみ重ね、成熟させていく場をつくります。