部会報告(子ども部会)
部会報告(子ども部会)
   
 
年頭のご挨拶

新しい年を迎えるにあたり、昨年3月におきた東日本大震災と、人災としか
いいようのない福島第一原子力発電所の事故を風化させてはならないと、肝に
銘じています。
人知の及ばぬ自然の脅威「地震と津波」、人間の驕りをみせつけた原発の事故
は、人のいのち、人のつながり、そして地域を破壊してしまいました。国の災
害・減災対策は脆さを露呈し、核の平和利用の名のもとに進められてきた原発
が、放射能汚染を拡散、拡大させ私たちの生活に暗い影を落としています。
今こそ、一人ひとりが生活のあり方、社会のあり方を問い直し、経済や効率
をモノ差しにしてきた価値観の転換を図らなければならない時ではないでし
ょうか。エネルギーでいえば、省エネルギーを基本に、自然の恵みをいかした
エネルギーを使うこと、一極集中の電力から地産地消によるエネルギーの分散
など、人と自然が調和したまちづくりをすすめたいものです。
今回の災害において、地域の人と人のつながりがいかに大切かが、最認識さ
れました。生活者ネットワークは、地域を活動拠点としてきた地域政党とし
て、「だいじなことは市民が決める」=「市民自治」によるまちづくりを提唱し
続けてきました。今後も、それぞれの地域の課題や人々の生活課題を、アンケ
ートや聞き取り調査などで掘り起こし、政策や制度につなげていきます。おお
ぜいの市民やさまざまな活動団体と連携しながら、子どもや若者など、すべて
の人が権利の主体として参画する地域社会の実現をめざしたいと思います。

      練馬・生活者ネットワーク
        代表 山口文江