部会報告(子ども部会)
部会報告(子ども部会)
   
 
イリオモテヤマネコに会いたくて

photo3泊4日で西表島に行ってきました。パンフレットの「体験」のタイトルと海の写真の素晴らしさに魅了され即決。シュノーケリング、カヤック、マングローブ、満天の星、天の川等など何もかも初体験で感動の旅でした。西表島といえば、やはりイリオモテヤマネコ。東洋のガラパゴスといわれる島も、開発の影響でしょう。今や40~100ぴきとなり絶滅危惧種。交通事故に会うヤマネコは冬に2倍(過去30年の記録では43件中21件)冬場の11月〜2月に起こっている。(冬は猫の発情期。発情期のオスは活動が活発になり、道路に出てくる事も多くなる・仔猫の親離れの時期にあたり、警戒心の薄い仔猫が道路に出てくる事が多くなる。)ということでこの時期には‘交通事故防止キャンペーン’を張り、またヤマネコの飛びだしが多い地点には、ゼブラゾーンや標識が設置されていました。毎朝、ホテルの前の干潮の砂浜にヤエヤマイノシシの足跡を発見、朝ごはん調達の散歩?かなと想像しました。イノシシも人間の犠牲になりませんように、と願わずにはいられません。今、地球の環境問題が問われていますが、日本の南のさんご礁で囲まれたきれいな離島でも確実に環境破壊がすすんでいることを実感しました。